■代謝機能研究所


■本研究所は所長の大学教員在職時に培った研究技術を基本に、代謝性疾患に有効な成分の受託機能性評価研究を行います。
機能性表示食品制度に対応した機能性評価にご利用ください。

評価試験費用;応相談

受託研究以外に当該研究の講演、セミナー、教育も対応致します。
費用;交通費など実費等から状況に応じ対応致します。

研究評価内容
長寿遺伝子産物サーチュイン関連評価

■細胞を用いた代謝機能評価研究
■ヒストン脱アセチル評価
■セルフリーSIRT1活性評価
■脂肪細胞を用いた脂質代謝評価

研究内容

花粉症等のアレルギー疾患は近年爆発的に増加しており、社会問題になっています。老化に伴う疾患もまた、社会問題になっています。
当研究所では代謝性疾患の他にアレルギー等の免疫疾患や老化関連疾患の予防に有効な機能性食品についての研究を行っています。
穀物種子外皮に含まれる成分は老化を抑制し、メタボリックシンドロームにも強い効果が有ることを発見しました、現在この研究を更に進めています。
トウモロコシのヒゲにはアレルギーを予防する強い効果が有ることを我々は発見し、現在はどの様な成分が関与するかを研究しています。加賀の伝統野菜である金時草という野菜にもアレルギーを予防する機能があり、この金時草と乳酸菌の組合せがどのようにアレルギーを抑制するかについて研究しています。

研究テーマ
1.種子外皮成分によるメタボリックシンドローム予防
2.トウモロコシヒゲによるアレルギー疾患の予防
3.植物多糖と乳酸菌の組合せによるアレルギー疾患の予防
4.食品成分によるインドールアミンジオキシゲナーゼの制御 5.免疫疾患予防に関わる機能性食品探索

研究キーワード
メタボリックシンドローム , 老化予防 , アルキルレゾルシノール , コーンシルク , 非アルコール性肝炎 , 動脈硬化 , 免疫 , アレルギー , アトピー性皮膚炎 , うつ病